オープンから1ヶ月。アマナのお仕事環境づくりについて。

2021年5月31日

先日、オープンから1ヶ月を迎えた当店ですが、

ありがたいことに21年4月28日のオープン以来、

かなりの数の求人ご応募を頂いております。
 

面接や求人にご応募下さるたくさんの方とのやり取りを通じて、

さまざまな問題も見えてきました。

 

特によくうかがう話が、

メンズエステ業界では過激なオプションが当たり前になっていて、

お客様からの要求も過剰になっているということです。

 

過激なコンセプトのお店では、

そのぶん「稼げる」そうなのですが、

大きな精神的ダメージを負ってしまうことも少なくないようです。

 

過激なコンセプトのお店で働いて、

「疲弊してしまった方」もいらっしゃるだろうとは考えていたのですが、

やはりと言うか、

お悩みを抱えていらっしゃる方が相当数いることが、はっきりしました。

 

また、店舗内部でのハラスメントの横行も、よく聞く話です。

 

お金が欲しくて、または必要だから、

このお仕事を選択される方がほとんどだと思います。

 

「お金があれば幸せ」とは言い切れませんが、

「お金がない状態で幸せを感じる」ことも難しいかもしれません。

 

そう考えると、

「幸せであるためにお金を稼ぐ」のかもしれません。

 

幸せであるために始めた仕事で、不幸になっていく。

そんな想いでいる人も、決して少なくないと思います。

 

しかしながらどうか心とからだを犠牲にせずに、

夢や目標のために、健康的に稼いでいただきたい。

願わくば、このお仕事そのものを愉しんでいただきたい。

 

心を癒すお仕事なのだから、

セラピストさん自身が健康に愉しく、

工夫してお仕事に取り組める環境をつくる。

 

結局はそれが最も、

お客様の満足に繋がるのではないかと考えています。

 

苦しい気持ちでサービスを提供されても、

お客様も辛いかもしれません。

少なくとも私はそうです。

 

駆け出しの当店ではありますが、

たりないアタマを振り絞って、

より良い環境づくりに取り組み続けたいと思っています。